キャッシングの基礎知識

キャッシングやカードローンを利用するうえで知っておきたい基礎知識として、【金利】に関して説明していきます。基本的に全ての取引に金利は関わってくるため、必ず理解しておく必要があります。

 

金利とは、一般的に【年利】としての意味合いを持っています。年利とは、1年間(12か月間)に必要になる費用の総額を表したものであり、仮に金利10%で10万円を借り入れした場合は年間で約1万円の費用が必要になると言うことになります。

 

この1万円には、【利息】はもちろん【その他諸費用】を含めた必要経費の総額と言うことになります。このような表示の方法を【実質年率】と呼びます。

 

ただし、中には諸費用を含めない利息のみの割合を表示している場合もあります。この場合は実質的に表示上の金利よりも多くの費用が必要になるため、実質年率は高くなります。このような表示方法を【アドオン利率】と呼びますので、事前にどちらの表示形式なのかを把握しておく必要があります。

早寝早起きで、命にめざめる

若いころは宵っ張りの朝寝坊でしたが、歳を重ねるにつれて早寝早起きの習慣が身についてきました。
朝は6時前に起き、夜は10時には就寝します。特に早起きはなかなかいいものです。季節によって日の出の時刻は違いますが、空がしだいに明るくなってくるのを見ると、荘厳な気持ちになります。庭の木々に来る小鳥たちや、花々の様子を眺めていると、命の尊さも感じます。そして、自分が生かされていることへの感謝の念も生まれてきます。
こうして朝から新鮮な気持ちになって一日をスタートできることに幸せを感じます。

スーパーのおつとめ品を活用する

スーパーに買い物に行くと、すみっこで「おつとめ品」が売られていますね。ええ、売れ残って消費の期限が迫っているというやや気の毒な食品たちですよ。

 

最近、ときどきおつとめ品を購入するようになりました。傷むといやなので、その日のうちに常備菜にして使ってみる、ということをやってみました。さっさと火をとおして使ってしまうと有効に使えるなぁ、これで1品くらいつくる手間が省けていいな、と思います。

 

これからもたまに買ってみようかな、と思います。

 

アコム限度額 引き上げ


このページの先頭へ戻る